お化粧でナチュラルな肌を作る!おすすめポイント

ナチュラルメイクをするのに一番重要なのは、ベースメイクです。
ベースメイクがおろそかになってしまうと、ナチュラルメイクではなく「ただ化粧が薄いだけ」になってしまいます。メイクをしているのに、まるですっぴんのような透明感の肌になるのが理想ですね。
そんなナチュラルメイクのベースで、特に大切なポイントをご紹介します。

下地はしっかりと!コントロールカラーで肌のトーンも上げていこう

ファンデーションを塗る前に必ず必要なのが、化粧下地です。
化粧下地を肌全体に塗ることによって、ファンデーションが均一に伸びるようになったり、肌のトーンが上がったりする効果があります。また、化粧下地には化粧崩れ防止効果もあるので、一日中メイクを維持するためにも、必ず塗るようにしましょう。

肌のくすみやムラが気になる人は、ベーシックな下地の他にコントロールカラーを活用していきましょう。
コントールカラーは様々な色がありますので、用途別に使用していきます。例えばパープルはくすみが消え透明感がアップし、イエローは黒ずみや肌のムラをならしてくれる効果があります。

クマやニキビはコンシーラーで隠して

下地だけではカバー出来なかったクマやニキビ、シミなどはコンシーラーで部分的に隠していきましょう。
クマが気になるからと言って、ファンデーションの厚塗りはNG。ナチュラルメイクからかけ離れてしまいます。
おすすめはリキッドタイプのコンシーラーです。リキッドタイプは薄くしっかり肌に塗ることが出来るので、より自然な仕上がりになります。コンシーラーは、ファンデーションと同じ色かワントーン暗い色を選ぶと、肌になじみやすくなります。

ファンデーションはリキッドタイプを薄く

ファンデーションはコンシーラーと同じように、リキッドタイプがおすすめです。
そして指やパフでは無く、ファンデーションブラシを使用すると、少量のファンデーションで薄く均等に塗ることが出来ます。また肌とファンデーションの密着感も上がるので、崩れにくくもなります。

コツは、顔の高い所(頬やひたい)から外側に伸ばすようにブラシを滑らせていくことです。こうすることによって、ツヤがあるすっぴんのような肌に仕上げることが出来ます。
ファンデーションが塗り終わったら、何もつけていないパフで全体を軽く押さえていくと、より密着感が上がります。

ナチュラルメイクはベースメイクがとにかく大事!

いかがでしたでしょうか。ナチュラルメイクは、ベースメイクで決まると言っても過言ではありません。
下地からコントロールカラー、ファンデーションの付け方まで、全てが大事な項目です。反対に言えば、ベースメイクが完璧になれば、ほぼナチュラルメイクはクリアしたも当然。ここでご紹介したポイントをしっかり押さえて、すっぴんに見えるような肌を目指してみてくださいね。